いつまでも健康に過ごすためにロコモ対策を行いましょう!

2014年09月10日

ロコモ体操をやってみよう

ロコモ体操の動画です。
ご参考にしていただき、健康な体をつくっていきましょう!



posted by ロコモ対策に夢中 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロコモ対策 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

ロコモ対策運動ってどんなことをするの?

ロコモの予防や症状改善のためには、
対策となるのがやはりに運動です。

運動といえば続けていくことこそが一番ではありますが、
結構継続することは難しいものです。
要は、難しく考えるからであって、
簡単な運動をすることを心がければ日々継続できるものです。

実は、いきなりのハードな運動をすれば、
身体を痛めてしまう事にもなりかねませんので、
まず大事なのは、身体の負担にならない程度に継続し、
運動する事が対策に結びつきます。

例えば、1分間片足立ちをしてみましょう。
そして、椅子のそばで、左右に1分間ずつ1日3回くらい片足立ちをしてみましょう。
もし、バランスが取りにくい際には、椅子に指1本だけを添え、サポートしてください。

また、スクワット運動もロコモ対策運動に効果的です。
椅子の前で、両足を肩幅に開いて、つま先を30度ほど開いてください。
椅子から立ち上がって、座るをゆっくりして、呼吸を意識してみてください。
これを5〜6回を一日3セットを目指してみましょう。

次に、ストレッチもロコモ対策運動としてオススメします。
脚の柔軟体操をしてみましょう。
両脚を前後に開いて、後ろ側の脚をまっすぐ伸ばしてください。
踵を床にしっかりつけ、膝を伸ばしてください。

前側の脚は膝を曲げ、体重を前にかけていき、
その際にはふくらはぎの後が伸びるように意識して、
この状態を20秒続けてみましょう。

さらに、もう1つのストレッチ体操もロコモ対策運動として大切です。
それは、ふとももの前の筋肉を伸ばしていきます。
まずは、うつぶせに寝てください。
そのままの状態で、片方の膝を曲げて踵がおしりに付くまで曲げます。
また、太ももの前側が伸びるよう意識し、立ってするときは、
くれぐれも片手で手すり等を持って身体を支えて行ってください。

そして、これは個人的にオススメしたいのがラジオ体操です。
ラジオ体操は、ロコモ対策運動として私はオススメします
なぜならば、体を使った基本的な運動をすべて取り入れているからです。
結構狭い場所でも十分運動が可能なので推奨いたします。

さて、上記の運動はすべて、ロコモ対策運動として、
身体を動かすものであるのでロコモ対策にぴったりです。
しかしながら、激しい運動をするとケガのの元になりますので、注意をしてください。
posted by ロコモ対策に夢中 at 22:38 | TrackBack(0) | ロコモ対策 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。