いつまでも健康に過ごすためにロコモ対策を行いましょう!

2014年10月10日

ロコモティブシンドロームの脅威とは

日本は、現在少子高齢化がどんどん進んでいき、日本の高齢化問題なのは皆さんもすでにご存じの通りですが、それは、ただ寿命を延ばすだけでなくて、健康に生活し続ける期間、これは、健康で寿命を延ばしていくことが重要です。



健康寿命」は心身ともに自立し、健康に生活する事ができる期間と言われています。



平均寿命と健康寿命の差は、不健康な期間であって、そうなれば寝たきりや介護が必要な状態なのです。
この差をいかに短くするかが、一番の重要なことなのです。


そこでこの流れをつくるために、ロコモティブシンドロームです。


立って歩く事が困難になれば、移動能力が低下して、自力でトイレに行けなくなる、衣服の着脱が困難になる等、日常の生活レベルも低下していきます。


日常生活レベルの低下は、メタボの略称で有名なメタボリックシンドロームや認知症を誘発する恐れもあって、寝たきり状態や要介護になるリスクが高まります。


よってロコモの予防が重要視されるのです。
やはり、ロコモに対する理解と、早期の予防をしていくことが重要なのです。
posted by ロコモ対策に夢中 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロコモ対策 ロコモティブシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。